近頃のシステムトレードの内容を確かめてみますと…。

レバレッジというものは、FXを行なう中で常時利用されるシステムだと思いますが、投入資金以上の取り引きが行なえますので、少しの証拠金で大きな収益を得ることも望めます。 システムトレードについても、新規に発注するという際に、証拠金余力が必要となる証拠金の額に達していない場合は、新規にポジションを持つことは許されていません。 レバレッジを有効活用すれば、証拠金が少額でもその何倍という売買に挑戦することが […]

FXにつきまして検索していくと…。

スキャルピングのやり方は千差万別ですが、いずれもファンダメンタルズについては度外視して、テクニカル指標のみを活用しているのです。 「FX会社それぞれが供しているサービスの内容を探る時間が滅多に取れない」といった方も多々あると思います。こうした方のお役に立つようにと考えて、それぞれのサービスの中身でFX会社を比較した一覧表を提示しております。 FXにトライするために、取り敢えずFX口座開設をしようと […]

デイトレードと言われているものは…。

FXの何よりもの長所はレバレッジだと思っていますが、十分に得心した状態でレバレッジを掛けるようにしませんと、只々リスクを上げるだけになると言っても過言ではありません。 トレードを行なう日の中で、為替が急変するチャンスを見極めて取引するというのがデイトレードです。スワップ収入を目論むのではなく、1日という制限のある中で複数回トレードを実行して、確実に利益を生み出すというトレード方法です。 FX取引に […]

海外FX|チャートの時系列的変化を分析して…。

私の妻は総じてデイトレードで売買を継続していたのですが、ここ最近はより収益が期待できるスイングトレードを採用して売買しております。 スワップポイントは、「金利の差額」だと思っていただいていいですが、リアルにいただくことができるスワップポイントは、FX会社の儲けである手数料を除いた額だと考えてください。 チャートの時系列的変化を分析して、いつ売買すべきかの決定をすることをテクニカル分析という名で呼び […]

スイングトレードをやる場合…。

テクニカル分析をやる場合は、通常ローソク足を時系列的に配置したチャートを利用することになります。初めて目にする方にとっては難しそうですが、完璧に読み取ることができるようになると、無くてはならないものになるはずです。 スイングトレードをやる場合、売買画面をチェックしていない時などに、一気に恐ろしいような変動などが起きた場合に対応できるように、予め手を打っておかないと、恐ろしいことになるかもしれません […]

買いと売りの両ポジションを一緒に維持すると…。

MT4で動作する自動取引プログラム(EA)のプログラマーはいろんな国に存在しており、実際の運用状況もしくは評定などを基に、新たな自動売買ソフトを開発しようと頑張っています。 スプレッドというのは外貨の売買価格の差のことで、FX会社にとっては儲けになる売買手数料の一種で、各社のマーケット戦略に従って個別にスプレッド幅を決めているのです。 FX取り引きの中で使われるポジションと言いますのは、ある程度の […]

システムトレードの一番の特長は…。

システムトレードに関しては、そのソフトとそれを確実に動かしてくれるPCが高級品だったため、昔は一握りの余裕資金を有している投資プレイヤーだけが行なっていたのです。 スワップポイントというのは、「金利の差額」であると考えていただいて構いませんが、現実的にもらうことができるスワップポイントは、FX会社に支払う手数料が差し引かれた額だと思ってください。 レバレッジがあるために、証拠金が少額でもその25倍 […]

チャート閲覧する上で重要になると明言されているのが…。

レバレッジを有効に利用することで、証拠金をそれほど多く拠出できなくてもその何倍もの取り引きをすることができ、多額の利益も見込むことができますが、反対にリスクも高くなるのが常ですから、落ち着いてレバレッジ設定することが大事になってきます。 買い値と売り値に差をつけるスプレッドは、FX会社は当然の事銀行においても違う名称で導入されております。しかもびっくりするでしょうが、その手数料がなんとFX会社の1 […]

FXを始めるために…。

FXを始めるために、一先ずFX口座開設をしてしまおうと思ったところで、「どういった順序を踏めば開設することができるのか?」、「どのようなFX業者を選択すべきか?」などと当惑する人は珍しくありません。 トレンドが一方向に動きやすい時間帯を考慮して、そのタイミングで順張りするというのがトレードを進める上での基本的な考え方です。デイトレードはもとより、「じっくり待つ」「トレンドがはっきりしない時は投資し […]

システムトレードの場合も…。

ビックリしますが、同じ1円の値幅だったとしても、レバレッジ1倍でしたら1万円の損益になるわけですが、10倍でしたら10万円の損益になるわけです。簡単に言うと「レバレッジを欲張るほど被害を受ける確率も高くなってしまう」ということです。 チャートの時系列的変動を分析して、買い時と売り時を判断することをテクニカル分析と称しますが、これさえ可能になったら、「売り時」と「買い時」を間違うこともグッと減ること […]